熊本地震後の自殺16人 県、関連死の死因初公表

有料会員記事

[PR]

 熊本県は26日、昨年4月の熊本地震で災害関連死に認定された189人(今年8月末現在)の死因などの集計結果を初めて公表した。死因では肺炎などの呼吸器系疾患が最も多く、全体の約9割は既往症を持っていた。被災後のストレスによる自殺も16人いた。

 関連死は、市町村が設ける審査委員会が災害との因果関係を個…

この記事は有料会員記事です。残り475文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら