[PR]

 自民党が30日、衆院選に向けて全国の都道府県連幹事長を集めた会議では「希望の党」への警戒感があらわになった。塩谷立選挙対策委員長はあいさつで「まだ流動的だが、間違いなく希望の党が相手だ」と対決姿勢を示し、高村正彦副総裁は「理念・政策を磨いて実行していく責任政党がいいのか、理念・政策を捨てて票のため…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも