[PR]

 避けることが遠ければ尊ぶことがいよいよ重く、接することが近ければ軽んずることがますます甚だしい

 (穂積陳重〈のぶしげ〉)

     ◇

 他人を実名で呼ぶことを避ける習慣を「忌み名」という。古くから、名で呼ぶことはその人に触れることだと思われてきた。そしてじかに触れないよう、尊ぶべき人は「頭」「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも