[PR]

 (第4週・神宮)

 首位の明大が2位の立大に、早大が東大に連勝で勝ち点を挙げた。

 明大は一回、1番竹村(4年、浦和学院)のソロ本塁打、6番河野(4年、鳴門)の3点本塁打などで5点を挙げ、主導権を握った。先発水野(4年、静岡)は13奪三振で完投した。早大は同点の三回、4番加藤(2年、早稲田実)が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも