[PR]

 国際重量挙げ連盟(IWF)は9月30日、相次ぐドーピングへの対処策としてロシアや中国など9カ国に1年間の資格停止処分を科すと発表した。2008年北京、12年ロンドン両五輪の再検査で3件以上の違反を出した国が対象で、アルメニア、アゼルバイジャン、ベラルーシ、モルドバ、カザフスタン、トルコ、ウクライナ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも