[PR]

 アレクサンドル・デュマの「三銃士」を、脚本・演出の小池修一郎が、宝塚の方法を駆使して、鮮やかなジェンダー論に仕立て直した。

 ダルタニアン(珠城〈たまき〉りょう)、アラミス(美弥るりか)ら男性キャラクターは「三銃士」から借り、背景は「太陽王」ルイ14世の時代にずらしてある。しかも王は女性とされ、男…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも