[PR]

 美術における素材は本来、何かを表現するために選ばれるのだろうが、素材が表現を縛るケースもある。この展覧会は土という陶芸の素材を使いながら、彫刻との関係を考えさせるスリリングな足跡を残した、2人の京都の表現者を紹介している。

 八木一夫(1918~79)といえば、陶芸家集団「走泥(そうでい)社」を率…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも