[PR]

 ■1977年・決勝

 この年の選抜にも出場した大鉄(大阪)は強力打線が売りだった。津久見(大分)との3回戦では、6―6の延長十一回に3番川端がサヨナラ満塁本塁打を放った。この本塁打は99回を数える選手権の歴史の中で、ただ1本だけの大会記録として今も輝く。

 大鉄との準決勝で1―3とリードされた東邦…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも