[PR]

 よしとする 生きたあかしが 何もない

 (浅利桂子〈73〉)

     ◇

 たいていの人は生きた証しなど持てず、未練や後悔を抱えつつ亡くなってゆくし、持てば持ったで後は思い出とともに生きてゆくしかない。ならばぽんとこう突き放したほうがいっそ爽やか。何かを言い切ることで得られる軽やかさというのも…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも