[PR]

 3日に発表された新党「希望の党」の衆院選の第1次公認は192人となった。内訳は小選挙区が191人、比例単独は1人で、東北ブロックの民進党前職・寺田学氏。▼1面参照

 希望の党側と候補者調整をしてきた民進党の玄葉光一郎氏によると、民進党公認で立候補を予定していた約210人のうち、今回希望の党から公認…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも