戦争、日本人に向いていない 西村京太郎さん、自伝的作品「十五歳の戦争」

有料会員記事

[PR]

 作家、西村京太郎さん(87)が戦時下の少年時代を振り返る『十五歳の戦争』(集英社新書)を書き下ろした。東京陸軍幼年学校での体験をつづり、現代の日本を戒める、自伝的ノンフィクションだ。

 1945年4月、14歳で陸軍幼年学校に入校した。「どうするのが一番トクか」と考え、このままでは二等兵になって殴…

この記事は有料会員記事です。残り1367文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら