初小説、人間味の原点は「男はつらいよ」 脚本家・尾崎将也さん「ビンボーの女王」

有料会員記事

[PR]

 脚本家の秦建日子(たけひこ)さんや木皿(きざら)泉さん、映画監督の廣木隆一さん……。河出書房新社が近年、映像の世界のベテランたちにオリジナル小説を書かせて成功している。

 今回、初めての小説『ビンボーの女王』を刊行した尾崎将也さんもその一人だ。「梅ちゃん先生」「お迎えデス。」「結婚できない男」など…

この記事は有料会員記事です。残り448文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら