[PR]

 私は何も塗らないぼんやりとした自分の顔を見ていると、急に焦々(いらいら)してきて、唇に紅々(あかあか)とべにを引いてみた。

 (林芙美子)

     ◇

 小説『放浪記』の主人公は、住み込みの女給として働きながら、「自分を朽ちさせ」るだけの毎日に鬱屈(うっくつ)を溜(た)める。侘(わ)びしさもつの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも