[PR]

 福島県双葉町の中華料理店「一福屋(いっぷくや)」を家族と切り盛りしていた池下修一さん(44)。祖母の代から続く店は、多くの町民に愛され、隣接する自宅の居間を開放して、毎晩のように宴会が開かれていた。東京電力福島第一原発事故後、避難先の仙台市のコンビニで働く。

 今年9月、政府は店がある同町の帰還困…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも