[PR]

 第61期関西棋院第一位決定戦の挑戦手合三番勝負第2局は5日、大阪・北浜の関西棋院で打たれ、挑戦者の余正麒七段が結城聡第一位に黒番1目半勝ちし、2―0のストレートで初タイトルを奪取した。9月7日にあった第1局は余が白番1目半勝ちを収めていた。

こんなニュースも