[PR]

 鼻がないと不安だと、あちこちに作り物の鼻をぶら下げる不思議な車いすの老人を江守徹が演じる。文学座公演、別役実作「鼻」(鵜山仁演出)が21日に開幕する。作り物の鼻を約30個使用、はなはだ鼻だらけのはなばなしい舞台が楽しめる。

 「ピノキオ」や、デカ鼻の男「シラノ・ド・ベルジュラック」、芥川龍之介の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも