[PR]

 東京工業大は13日、大岡山キャンパス(東京都目黒区)にある実験施設で、排水管のひびから放射性物質のトリチウムの漏れを確認したと発表した。配水管の周辺から土1グラムあたり2ベクレルのトリチウムが検出された。人間や環境への影響はないとしている。

 東工大によると、この施設では十数年前に昆虫の体内でのト…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも