[PR]

 独航空最大手ルフトハンザは12日、8月に経営破綻(はたん)した同2位の格安航空会社(LCC)エアベルリンの一部事業を、約2億1千万ユーロ(約280億円)で買収することで合意した。ルフトハンザはLCC子会社を抱えており、事業拡大をはかる。買収するのは傘下のLCCニキ航空など。

こんなニュースも