[PR]

 格差が広がり、貧困の問題が深刻化する世界。日本経済は今後どうなるのでしょうか。著書「デフレの正体」で生産年齢人口という言葉を定着させた日本総研主席研究員の藻谷浩介さん=写真、青木優佳撮影。国内3200市町村を訪れ、日本が抱える問題を詳細なデータに基づいて検証しています。生産年齢人口の減少が続くなど人口動態の分析を通して、日本経済の未来を探ります。

 ◇講演「日本経済のゆくえ」31日[火]午後7時~8時30分。参加費3672円

 ◇会場は新宿住友ビル。申し込みは主催の朝日カルチャーセンター(03・3344・1941)

 (朝日新聞社後援)

こんなニュースも