[PR]

 憲法9条やデモについて詠んだ俳句を「公民館だより」に掲載することを拒まれたことをめぐり、さいたま市の女性(77)が市を訴えた訴訟の判決が13日、さいたま地裁であった。大野和明裁判長は公民館側が「思想や信条を理由として不公正な扱いをした」などとして、市に5万円の賠償を命じた。

 ■「梅雨空に『九条…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも