[PR]

 日本体操協会は13日、東京都内で常務理事会を開き、体操の世界選手権(カナダ・モントリオール)男子個人総合で3位に入り、種目別のゆかと跳馬で優勝した白井健三に報奨金として170万円、女子のゆかを制した村上茉愛(ともに日体大)に100万円を贈ることを決めた。

こんなニュースも