[PR]

 過激派組織「イスラム国」(IS)が「首都」と称してきたシリア北部ラッカで、少数民族クルド人の武装組織が主体となって進めてきた奪還作戦が最終局面を迎えている。ISは7月に最大拠点だったイラク北部モスルを失い、支配地域が急速に縮小している。

 ロイター通信によると、ラッカ奪還作戦の中核を担うクルド人勢…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

こんなニュースも