[PR]

 史上初の社会主義政権を生んだロシア革命から11月に100年を迎えるロシアで、最後の皇帝ニコライ2世とバレリーナとの恋を描いた映画が激しい批判にさらされている。「皇帝への侮辱だ」とロシア正教会の信者らが反発。放火事件が発生し、上映を取りやめる映画館も出ている。背景には、プーチン政権と正教会との親密な…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも