[PR]

 大阪市北区の中之島フェスティバルタワー・ウエスト4階に来年3月21日、「中之島香雪美術館」が開館する。公益財団法人香雪美術館が17日発表した。朝日新聞社の創業者、村山龍平(りょうへい)(1850~1933)のコレクションを収蔵する香雪美術館(神戸市)の分館となる。2019年2月までの1年間、村山コレクションの全容を紹介する開館記念展を開く。

 美術館全体の面積は962平方メートル。展示ケースには、光の反射を抑える国内最高水準のガラスを採用し、映り込みを気にせず、作品の美しさがクリアに楽しめる。常設展示室には、旧村山家住宅にあるかやぶき屋根の茶室「玄庵(げんなん)」を1棟丸ごと再現した。

 開館記念展「珠玉の村山コレクション~愛し、守り、伝えた~」では、重要文化財を含む約300点を5期に分けて展示する。

 問い合わせは中之島香雪美術館(06・6210・3633)。

 (松本紗知)