[PR]

 警視庁四谷署で勾留中、弁護士宛ての手紙の一部を黒塗りにされたのは違法だとして、送り主の男性と弁護士が東京都に計約120万円の賠償を求めた訴訟の判決が17日、東京地裁であった。鎌野真敬裁判長は「接見交通権を侵害している」と認め、計約4万6千円の支払いを命じた。

 判決によると、男性は2015年、脅迫…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも