[PR]

 関西電力が、稼働して40年近くになる大飯原発1、2号機(福井県)の廃炉を検討している。これから巨額の安全対策費を投じても、採算がとれないおそれが出ているためだ。11月中にも判断する見込み。大型原発の廃炉が続けば、安倍政権の原発再稼働戦略にも影響する可能性がある。

 関電幹部は17日、「(廃炉を含…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら