[PR]

 企業の決算書類への監査法人の「お墨付き」となる「監査報告書」で、これまでより詳しい内容が記される方向となった。今は問題がある場合を除けば定型的な文章が並ぶが、問題がない場合も、監査法人の判断理由を明確に記載するようにする。東芝の不正会計問題で監査法人の信頼性が揺らぐ中、欧米で広がる監査の「透明化」…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも