[PR]

 名人戦第5局の終局後、対局室に押しかけた報道陣の熱気は、昨年の七冠達成時ほどではなかった。1度目より2度目の方がはるかに難業だと認めながら、周囲は「井山なら」と当然視した。

 「勝って当たり前」の重圧は、親にも近しい者にも、そのそぶりさえ見せたことがない。すべて自分の中で消化するのは、子どものころ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも