(評・映画)「婚約者の友人」 戦争の傷、芸術が救う孤独

有料記事

[PR]

 敗戦に傷つくドイツの町。家族や恋人を失い、悲嘆にくれる人であふれる。婚約者のフランツを亡くしたアンナ(パウラ・ベーア)もそのひとり。フランツの父母と静かに暮らし、悲しみを分け合う。そこへフランスから、フランツの友人とおぼしき青年アドリアン(ピエール・ニネ)が現れる。憂いを帯びた謎めく来訪者にアンナ…

この記事は有料記事です。残り542文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!