(科学の扉)微小プラごみ、海汚染 魚・鳥の体内に…化学物質の影響、未解明

有料会員記事

[PR]

 「マイクロプラスチック」と呼ばれる小さなプラスチックごみが世界の海に広がっている。魚や鳥の体内から汚染物質とともに確認され、生態系への影響が心配される。日本周辺の海域は特に多く、対策が求められている。

 身近な魚がプラスチックを食べていた――。

 2015年、東京湾のカタクチイワシを東京農工大の…

この記事は有料会員記事です。残り1986文字有料会員になると続きをお読みいただけます。