[PR]

 阿蘇の牧野で採った草発電の事業化や、木質バイオマス燃料の普及活動に取り組んで15年。太陽光で充電する自宅は、昨年4月の熊本地震の直後も電気を使うことができた。「エネルギーを地域で自給しなければ」。さらに意を強くしている。

 東京で育ち、農家の後継ぎの耕太さん(42)と慶応大で出会い、結婚。ともにド…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも