[PR]

 政府は商工組合中央金庫(商工中金、社長=安達健祐元経済産業事務次官)が国の制度融資で不正を繰り返した問題で、26日にも2度目の業務改善命令を出す。不正の関与はほぼ全店、数百人にのぼり、制度融資以外の業務での不正も多数見つかったためだ。立ち入り検査した金融庁が、主務官庁の経産省の監督姿勢を厳しく批判…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも