[PR]

 (第7週・神宮)

 明大が連勝で勝ち点を挙げた。東大は40季連続の最下位が決まった。法大と立大の試合は延長12回引き分けだった。明大は8勝3敗、勝ち点4で首位に立ち、全日程を終えた。28日からの早慶戦で慶大(7勝3敗1分け、勝ち点3)が連勝すれば、慶大が勝率差で上回るため、慶大が7季ぶりの優勝…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも