[PR]

 ミャンマー西部ラカイン州から多数のイスラム教徒ロヒンギャがバングラデシュで難民になっている問題で、米国務省は23日、「ロヒンギャへの迫害行為」への関与者に対し、制裁を科すことを検討していると表明した。ミャンマー軍や治安部隊の幹部らを念頭に置いているとみられる。

 国務省は同日出した声明で「迫害に対…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも