[PR]

 ブナの原生林に囲まれ、紅葉の名所として知られる青森県十和田市の蔦(つた)沼で24日、台風一過の朝日を浴びた木々が輝きを増した。

 沼の周辺の紅葉は朝日が直接差し込むと黄色いブナが赤く燃えるように見えるなど、光の加減で刻々と表情を変える。風のない快晴の朝には水面にも映り込み、神秘さを増す。見ごろは1…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも