[PR]

 ■SDGsで社会を変え、地球を守る

 SDGs(エスディージーズ)(持続可能な開発目標)は2015年に国連で採択された世界共通の目標だ。地球規模の課題を解決しようと17分野の目標を掲げ、30年までの達成を目指している。担い手として特に期待されているのが、企業と市民社会だ。

 住友商事の田渕正朗・代表取締役専務執行役員は、66カ国130拠点で展開する同社の約100種類のビジネスモデルを、SDGsの課題と関連づける作業を進めたことを紹介した。

 その結果として、地球環境との共生▽地域と産業の発展への貢献▽快適で心躍る暮らしの基盤づくり▽多様なアクセスの構築▽人材育成とダイバーシティーの推進▽ガバナンスの充実――という六つの重要課題を特定したという。

 日本政府は実施推進本部を設置、民間の円卓会議から提言を受けている。CSOネットワークの黒田かをり事務局長は、会議に加わる一人。「誰一人取り残さないと、国際社会が約束した。それがSDGsの根源的な意味だと思う」

 黒田さんは、東日本大震災で避難を余儀なくされた13の福祉事業所を結ぶ福島県郡山市のNPOが、SDGsを意識して活動する例を紹介。関係者は「ニュースと自分のことをリンクするようになった」と話しているという。

 メディアプロデューサーの水野雅弘・TREE代表取締役は、動画を通じた普及活動を進めている。無料で公開する「SDGs.TV」を、授業やワークショップで活用し、行動に結びつけてほしいと述べた。

 水野さんは再生可能エネルギーを地域で広げるための講座にもかかわる。「クリーンエネルギーの目標を起点に、技術革新、町づくり、働きがい、パートナーシップなどをつなげていくことができる」として、SDGsの枠組みで取り組む効果を強調した。

 ■専門性の壁を溶かす

 総合商社の事業展開、障がい者協働プロジェクト、地域での再生可能エネルギー。SDGsを取り込んだ事例紹介に、ヒントを得た人は多いのではないか。

 SDGsは課題解決の目標のもと、これまで接点のなかった人たちを出会わせ、専門性の壁を溶かしていく。動き始めた人たちが伝え合い、それらが積み重なれば、目標達成の原動力になるだろう。

 国連から降ってきたものでも、押しつけられたものでもない。この先の世界と地球の環境を左右する改革の基盤を、私たちが使いこなすかどうかなのだ。

 (北郷美由紀)

こんなニュースも