[PR]

 国会の中だけ見れば、憲法改正を発議できる数は維持された。だが、決定権はそこにはない。

 「国会で発議できるかどうか。実質的に決めるのは世論です」。あらゆる世論調査データを集約し、日本人の憲法観の変遷を近著「憲法と世論」で再検証した境家史郎・首都大学東京准教授はこう唱える。

 国民投票はどうしても政…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも