[PR]

 気象庁気象研究所(茨城県つくば市)は26日、地球温暖化の影響で日本の南海上を通過する猛烈な台風が増えるとのシミュレーション結果を発表した。世界全体では発生は減るが、日本の南側の太平洋上では海水温の上昇など台風の発達しやすい条件になるためだという。

 同研究所気候研究部の吉田康平研究官らが今世紀末ま…

この記事は有料会員記事です。残り315文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り315文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り315文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!
こんなニュースも