[PR]

 日本遺伝学会は今年、偏見や差別につながりやすい用語を見直した。われわれ色覚に差異のある当事者が注目したのは、「色覚異常」や「色盲」を「色覚多様性」に改訂した点だ。色の見え方は人によって多様なことをわかりやすく伝える新用語であり、評価したい。

 しかし、いま学校現場では、その精神とは相反する動きが広…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも