[PR]

 国内で約4500万人が利用するとされるツイッターで、最近、特に人種や国籍などを理由に差別をあおる投稿が横行していると批判が高まっている。ヘイトスピーチ対策法ができて1年たつが、表現の自由を確保する一方で、いかに差別を防ぐか。運営会社は対応を迫られている。

 ■「差別放置」批判の声 ツイッター

 …

この記事は有料会員記事です。残り1681文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1681文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1681文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも