ブックマーク

有料会員記事

[PR]

 ■カジュアル読書

 ●岡田潤著『幽霊ランナー』 小学生の優はおとなしく細くて小さい男子。3年連続マラソン大会で棄権、「幽霊ランナー」と呼ばれ、サッカーチームでも万年補欠。そんな優が、夕方のグラウンドで中学生の先輩に出会う。「ついてこい」と言われた気がしてコツコツ毎日走るとフォームが変わり、持久力…

この記事は有料会員記事です。残り424文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら