[PR]

 ■奥村坩堝(るつぼ)製造所 坩堝職人(38歳)

 インド料理に欠かせないナン。小麦粉などを練った生地を約280~290度に熱せられた窯の内側にぺたっと張り付けると、ぷくぷくと膨れ、こんがりと焼き色がつく。ナンを焼き上げる窯は「タンドール窯」という。インド料理店で見かける、つぼ型のオーブンだ。

 …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも