(天声人語)御松茸同心に学ぶ

有料記事

[PR]

 江戸詰の尾張藩士榊原小四郎(こしろう)は山村在勤3年を拝命する。お役目は御松茸(おまつたけ)同心。「藩特産の松茸を増産せよ」。自信家の19歳。左遷に気落ちするが、山の価値に目覚める――。朝井まかてさんの時代小説『御松茸(おまったけ)騒動』である▼作中、村人らが小四郎に松茸のイロハを教え込む。探すな…

この記事は有料記事です。残り501文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載天声人語

この連載の一覧を見る