[PR]

 (第7週・神宮)

 未消化だった第7週の4回戦があり、法大が延長戦の末に立大に勝ち、勝ち点を獲得した。春優勝の立大は4位でリーグ戦を終えた。法大は十回、4番中山(3年、履正社)の適時打で均衡を破り、3投手の継投で逃げ切った。

 全日程が終了し、慶大の清水翔(4年、桐蔭学園)が打率4割8分で初の首…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも