[PR]

 「贅沢(ぜいたく)な文学の美食家」を自任した作家澁澤龍彦(1928~87)が没して30年の今年、著書の新装版など出版が相次ぎ、回顧展が開かれている。影響を受けた表現者も多い。対象への偏愛を著作に結実させた姿勢が、日常の閉塞(へいそく)感を超えるよりどころとして、今、注目される。

 石の夢、プラト…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも