[PR]

 保育園に入るための「保活」は、大都市を中心に厳しい状況が続きます。来春の入園に向け、保活が本格化する時期です。自分が暮らすまちに待機児童はどれくらいいるのか。他と比べてどうなのか。待機児童問題が深刻な104市区町村についてグラフで「見える化」しました。ぜひ、朝日新聞デジタルでご覧下さい。

 ■指標で並べ替え、がらっと変わる順位

 待機児童の問題は、人口の多いところが深刻。そこで、20政令指定市と東京23区に加え、2015年から17年までの間に待機児童が100人以上だった市区町村を対象に集計しました。

 グラフは、五つの指標で色分けされ、どれに着目するか、また合計を見るかで、6通りに並び替えることができます。

 例えば、17年に自治体が「待機児童」として公表した数をみると東京都世田谷区が861人で1位です。

 ところが、認可保育園に入れなかったのに待機児童にカウントされない「隠れ待機児童を含む合計数」をクリックするとグラフが動き、順位ががらっと入れ替わります。

 公式の待機児童数が2人の横浜市は、「隠れ」を足すと3259人で1位になってしまうのです。

 どのようなときに、待機児童は「隠されて」しまうのでしょうか。四つのケースがあります。

 東京都の認証保育所など「自治体が補助する認可外施設を利用」、「保護者が育児休業中」、きょうだいで同じ園を希望するなど「特定の施設のみを希望」、「保護者が求職活動を休止」です。

 それぞれのケースを指標にグラフを並べ替えるとランキングも変わります。都道府県名で「絞り込み検索」もできるので、近隣とも比べやすくなっています。

 待機児童数のランキングが下位の自治体でも、表には出てこない「潜在的な待機児童」が多いところも。ぜひチェックして下さい。

 ■待機児童問題「見える化」プロジェクト http://t.asahi.com/jido17別ウインドウで開きます

 ■紙とセットで+500円 キャンペーン、来月11日まで

 朝日新聞本紙の購読料+月々500円で、朝日新聞デジタルをご購読いただけるお得な「キャンペーン・ダブルコース」のお申し込みを受け付けています。12月11日まで。申し込んだその月は、朝デジは無料。なので、月初めのお申し込みがお得です。

 デジタルでしか読めない記事や動画を楽しめるだけでなく、朝刊や夕刊、be、GLOBEが紙面と同じレイアウトでもお読みいただけます。過去1年分の記事検索と、スクラップブック機能も使えます。詳細・お申し込みは、http://t.asahi.com/cp17nov別ウインドウで開きますか、電話(0120・383・636、午前9時~午後9時、土曜は午前9時~午後6時、日曜・祝日休み)で。

こんなニュースも