ロシア、中東で増す存在感 シリア国民対話会議、ソチ開催検討

有料会員記事

[PR]

 ロシアが中東への関与を強めている。イランやトルコとともに主導するシリア和平協議では、アサド政権と反体制派が話し合う「シリア国民対話会議」の開催を検討すると決めた。シリア内戦への介入を契機に中東での存在感を高めるロシアには、米国の一極支配を崩す狙いがありそうだ。

ここから続き

 カザフスタンの首都アスタナで10…

この記事は有料会員記事です。残り1040文字有料会員になると続きをお読みいただけます。