手でつながる広い世界 絵本作家・鈴木まもるさん新作

有料会員記事

[PR]

 鳥の巣の研究家として知られる絵本作家の鈴木まもるさん(65)が、新作「てをつなぐ」(金の星社、税別1300円)を8月に出版した。構想を練り始めたのは約30年前。試行錯誤の末に完成した物語は、手をつなぐというシンプルな動作から「人が生きていく上で、何が一番大事なのか」を問いかけている。

 絵本は、男…

この記事は有料会員記事です。残り835文字有料会員になると続きをお読みいただけます。