(トランプの時代 初のアジア歴訪)対中国、強まる対抗姿勢

有料会員記事

[PR]

 「膨大な借金を背負わされるのに、雇用につながらない。ちょっとしたことで借金が返せなくなれば、債務が株式に転換されて(所有権が移って)しまう」

 ティラーソン米国務長官は10月中旬、アジアの新興国に対する中国のインフラ投資を強い調子で批判した。港湾建設などのため中国から多額の借金をしたスリランカが…

この記事は有料会員記事です。残り1413文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら