神鋼「品質より納期」 数値改ざん、社内調査を公表

有料会員記事

[PR]

 神戸製鋼所は10日、検査データ改ざん問題について、社内調査による原因究明と再発防止策をまとめた報告書を発表した。収益を重視するあまり、品質より生産量や納期を優先する企業体質になったと分析。経営陣が現場の問題を把握する姿勢も不十分だったとした。対策として、品質監査の専門部署を新設するほか、検査データ…

この記事は有料会員記事です。残り509文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら